メニュー

pillars

トップ » Pillars of Frontier  »   進路について

進路について

Q1. 博士後期課程に進学を決めたキッカケは何ですか?

研究活動を純粋に楽しんでいる方がほとんどだと思います。研究室内に留まらず、企業や学外の研究者と共同で研究を進める例が多く、更に踏み込んだ研究活動を経験することができるようになります。自身が学び得た専門性を基にして、主体的に研究プロジェクトに関わることができる経験は、かけがえのないものだと考えています。

Q2. 博士号を取得する魅力は何だと考えていますか?

アカデミックポストを狙うならもちろん、企業で研究職を希望するにしても、博士号を取得していることは、自身が研究者として働けることをアピールする一つの指標になると思います。また、博士号を取得する過程に於いて、国内外でさまざまな研究者と関わりを持つことができます。自身が目指す研究者像をより具体的なものにできる、非常に魅力的な期間だと考えています。

Q3. 博士後期課程への進学、および博士号を取得するまでに直面した問題は何ですか?

経済的な面が気がかりになるかと思われます。多くの方は、奨学金制度や特別研究員等を活用して工面しています。今年度も「ドクターの先輩と話そう!ドクターコースランチ会」 (前回開催:2019年10月~2020年2月)を企画していますので、詳しい情報が知りたい方は参加し、お尋ねください。

Q4. 博士号取得後の進路希望先はどう考えていますか?

博士号取得後の進路希望先について、フロンティア研究院の博士後期課程メンバーにアンケートをとりました。気になる結果ですが…アカデミックポストを希望している方にくらべて、企業研究者を目指す方が約3倍いるという結果となりました。「博士後期課程の中で得られた専門性を生かし、研究開発職の職種希望を確かなものにしたい」と考える方が多くいらっしゃるようです。

Q5. 進学を希望する方にひと言!

研究活動が楽しいと感じているみなさんに、ぜひ博士後期課程に進学して欲しいと思います。少しでも興味がある方は、ぜひとも進学を検討してみてください。私たちと一緒に博士後期課程を楽しみましょう!

フロンティア研究院図書について

フロンティア研究院では、ドクターコースやキャリアに関する書籍を各種取り揃えています。

図書リストや貸出についての情報は、フロンティア研究院図書ページから確認できます。

書籍レビューもありますので、チェックしてみてください。

■お問い合わせ

E-mail:frontier@adm.nitech.ac.jp「フロンティア研究院図書」まで。

 

ページ一覧

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学FAU連携事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る