メニュー

pillars

トップ » Pillars of Frontier  »   岡田 孟士

岡田 孟士

自己紹介

電気・機械工学専攻 博士後期課程2年 小坂・松盛研究室

研究紹介

自動車駆動用モータの高性能化に関する研究に取り組んでいます。近年、CO2排出量増加に伴い、自動車業界にはモータによる電気駆動を採用したハイブリッド自動車や電気自動車などの普及が期待されています。そこで私は、更なる普及を後押しするため、次世代自動車駆動用モータの一候補として注目を集める「可変界磁モータ」に着目し、研究を行っています。主に、エネルギー使用量やバッテリー容量削減につながる「高効率」、車内外の快適性に関連する「低振動・騒音」に着目し、それらを高いレベルで実現するモータの研究開発を日々行っています。

 

博士後期課程に進学した理由

モータやパワーエレクトロニクスの技術は輸送用をはじめ家庭用、動力用など様々な場面で利用されています。そのため、今後の社会の発展には欠かせない技術であると思い、大きな可能性を秘めたこの研究分野に魅力を感じました。また、研究を進める過程で、研究室内だけでなく、企業の研究者や技術者の方々と共同で研究する機会も頂き、産業界で利用される最先端技術に触れながら、研究を行うことができることに魅力を感じ、博士後期課程への進学を決意しました。

 

論文・受賞歴

学術雑誌等(紀要・論文集等も含む)に発表した論文、著書

  1. T. Okada, H. Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “Hybrid excitation flux switching motor with permanent magnet placed at middle of field coil slots and high filling factor windings,” in CES Trans. Electr. Mach. Syst., vol. 3, no. 3, pp. 248-258, Sept. 2019, doi: 10.30941/CESTEMS.2019.00033.
  2. Okada, T.; Kosaka, T.; Matsumori, H.; Matsui, N. Comparative Study on Hybrid Excitation Flux Switching Motors without and with Variably Magnetizable Permanent Magnets for Electrified Vehicle Propulsion. World Electr. Veh. J. 2021, 12, 58. https:// doi.org/10.3390/wevj12020058.

国際会議における発表

    • Okada, H. Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “Hybrid Excitation Flux Switching Motor with Permanent Magnet Placed at Middle of Field Coil Slots Employing High Filling Factor Windings,” 2018 IEEE Energy Conversion Congress and Exposition (ECCE), Portland, OR, USA, 2018, pp. 4268-4274, doi: 10.1109/ECCE.2018.8557703.
  1. K. Otsuka, T. Okada, T. Mifune, H. Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “Basic Study on Efficiency Improvement of Hybrid Excitation Flux Switching Motor using Variably Magnetizable Permanent Magnets for Automotive Traction Drives,” 2020 IEEE Energy Conversion Congress and Exposition (ECCE), Detroit, MI, USA, 2020, pp. 27-34, doi: 10.1109/ECCE44975.2020.9235605.
  2. T. Okada, K. Otsuka, H. Matsumori, T. Kosaka and N. Matsui, “Design and Experimental Studies on HEFSM Employing Two Types of Permanent Magnets per Pole as Traction Motor for Automobile Applications,” 2020 23rd International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS), Hamamatsu, Japan, 2020, pp. 521-526, doi: 10.23919/ICEMS50442.2020.9290834.
  3. T. Okada, M. Saito, T. Kosaka, H. Matsumori and N. Matsui, “Magnetization State Control of Variably Magnetizable Permanent Magnets Employed in HEFSM at Starting Up,” 2021 IEEE International Electric Machines & Drives Conference (IEMDC), Hartford, CT, USA, 2021.
  4. T. Okada, M. Saito, T. Kosaka, H. Matsumori and N. Matsui, “Optimum Design Study on HEFSM Using Variably Magnetizable PM with Low L/D Ratio and Novel PM Arrangement for EV/HEV Traction Applications,” 2021 IEEE Energy Conversion Congress and Exposition (ECCE), Vancouver, Canada, 2021.

国内学会・シンポジウム等における発表

  1. 岡田 孟士,松盛 裕明,小坂 卓,松井 信行,”高占積率巻線を採用した自動車駆動用HEFSMの渦電流損失解析”,令和元年電気学会産業応用部門大会講演論文集,Vol.3,No. 3-89,pp. III-399-III-402,長崎,8月,2019
  2. 大塚 啓太,岡田 孟士,松盛 裕明,小坂 卓,松井 信行,”2種類の磁石で磁極を構成した自動車駆動用HEFSMの運転特性評価”,令和2年電気学会モータドライブ・回転機・自動車合同研究会資料,MD-20-078,RM-20-053,VT-20-016,東京,5月,2020
  3. 大塚 啓太,岡田 孟士,松盛 裕明,小坂 卓,松井信行,”2種類の磁石で磁極を構成した自動車駆動用HEFSMの運転特性評価”,令和2年電気学会モータドライブ・回転機・自動車合同研究会資料,MD-20-078,RM-20-053,VT-20-016,オンライン,5月,2020.
  4. 岡田 孟士,小坂 卓,”可変磁力磁石を採用したHEFSMにおける着磁解析”,JMAGユーザー会2020 学生ポスター発表,オンライン,12月,2020.
  5. 山畑佳子,岡田 孟士,小坂 卓,松盛 裕明,兼重 宙,”機械式固定子移動機構による可変エアギャップ構造を採用したEne-1 Challenge 用可変磁束SPMSM の運転範囲拡大設計”,令和三年電気学会産業応用部門大会講演論文集,Vol.3,No. 3-56,pp. III-363-III-366,新潟,8月,2021
  6. 受賞・その他(研究助成金・奨学金,参加研究プログラムなど)
  7. Best Paper Award (The First Prize) in 2021 International Electric Machines and Drives Conference (IEMDC2021)
  8. 2020年度 日本学術振興会 日独共同大学院プログラム:エネルギー変換システムに採用 [海外研究プログラム採択]
  9. 公益財団法人 日東学術振興財団の2020年度海外派遣助成候補者として採用され,助成金(30万円)を獲得 [研究費助成金採択]

ページ一覧

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る