メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 田中 由浩 准教授

田中 由浩 准教授

触覚を情報化し、
人にやさしい社会形成を実現
田中 由浩
准教授
情報科学フロンティア研究院
構成員
Assoc. Prof. Yoshihiro Tanaka
電気・機械工学専攻
機械工学分野
Electrical and Mechanical Engineering mechanical-engineering

人間の触知覚メカニズムに興味を持ち、指の内部構造や皮膚特性のような基礎研究から、腹腔鏡下手術用触診システム、触覚伝送を活用したリハビリテーション、他者との触覚共有システム、製品の触感デザインなど、幅広く触覚研究を行っています。触覚は、接触を通して外界との境界を司る感覚であり、対象の認識だけでなく、自己の身体認識とも密接です。そして、皮膚の特性や運動を伴うことから、個人ごと、一期一会で入力が異なる、極めて主観的な感覚です。各人の触覚を情報化し、伝達や拡張を通して、技や感性が共有・デザイン可能になれば、医療・福祉、産業の高精度化や効率化、快適性や安心、Quality of Lifeの向上をもたらします。各人の触覚の正体を捉え、触覚テクノロジーで、持続的・発展的かつ人に優しい社会につながる研究を続けていきたいと考えています。

 

研究室のウェブサイトはこちら

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る