メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 伊藤 孝行 教授

伊藤 孝行 教授

人工知能が踏み込んだ
次世代社会情報システム開発
伊藤 孝行
教授
情報科学フロンティア研究院
構成員
Prof. Takayuki Ito
情報工学専攻
知能情報分野
Computer Science Computational Intelligence

未来に向けての社会情報システム開発を目的に、幅広い分野での研究活動を行っています。なかでも、個人または集団での意思決定を支援する人工知能の研究をしています。複数から大多数での合意形成は複雑で長時間を要します。そこで人工知能の数理的なメカニズムをつかうことにより合理的に迅速な意思決定の支援を可能とします。そのための人間のグループ活動を支援するソフトウェア開発を行っています。将来的には政治や社会体制への変革にまで幅広く貢献できると考えています。また分散人工知能という、複数の人工知能の統合と制御の研究も行っています。複数のプログラム同士を交渉させ、合意形成に導くマルチエージェントシステムの開発では、これまでの成果をもとにオークション、マッチング、数理経済学に情報科学を取り入れるといった、コンピュテーショナルメカニズムデザインという新分野を開拓しました。じんこうちのうにより自動循環するスマート社会への貢献を目指します。

 

研究室のウェブサイトはこちら

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る