メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 加藤 昇平 教授

加藤 昇平 教授

高齢者の発話音声・脳血流から認知症の早期スクリーニング
加藤 昇平
教授
情報科学フロンティア研究院
副院長
Prof. Shohei Kato
Assistant Director, FRIIS
情報工学専攻
知能情報分野
Computer Science Computational Intelligence

ロボットと人間の豊かな関係の構築を目指し、ロボットとの心のやりとりを可能とする「感性ロボット」を研究しています。日本の産業用ロボットの成功に続くべき次世代ロボットは、一人に一台の家庭用ロボットであると考えます。そのためには人間にロボットへの親しみやすさを創出させるロボット技術が重要であると考え、人間の表情や音声から感情を推定することにより、それに見合った対応を可能とさせます。くわえて、より平易で簡素化された高齢者認知機能の評価法の研究をしています。既存の質問応答式の評価法は、テストを嫌う高齢者の評価機会を遠ざけ、あるいは過度に心配する高齢者の正確な評価を困難とします。それに対し高齢者の発話音声の非言語的な特徴に着目した新しいスクリーニング手法は、認知課題への応答音声を用いた弁別性能実験において高い正診率が確認されています。それに発話中の脳血流データを取り込むことにより、スクリーニングの安全性と信頼性の向上を目指します。

 

研究室のウェブサイトはこちら

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る