メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 王 建青 教授

王 建青 教授

ボディエリア通信による生体情報の
ワイアレスモニタリング技術及び
人体装着ロボットの
ワイヤレス制御技術の開発
王 建青
教授
情報科学フロンティア研究院
構成員
Prof. Jianqing Wang
電気・機械工学専攻
電気電子分野
Electrical and Mechanical Engineering Electrical and Electronic Engineering

生体情報のモニタリングを目的としたボディエリアネットワークのセンシング技術と通信技術、またそれに関する電磁両立性「EMC」の研究をしています。人体に貼り付けたウェアラブルセンサによって生体信号を収集し、ワイヤレスでネットワークに通信することにより、健康状態のモニタリングを可能とします。また体内インプラントセンサでは、広帯域・低損失な高画質画像通信技術を開発し、カプセル内視鏡や体内医療ロボットなどの開発に貢献します。これらの技術によって、迅速で正確な診断だけでなく、安全な在宅治療の実施や医療スタッフ不足への対策にも役立ち、将来は事前に病気になるか予測することも可能になると考えます。こ れまでにはウェアラブルセンサによる心電信号の自動収集とワイヤレス通信、筋電信号のセンシングとそれを用いた義手ロボットのワイヤレス制御に成功しました。今後は、医療・ヘルスケアのための生体ビッグデータの収集に適する最先端の技術をさらに提供することを目指します。

 

研究室のウェブサイトはこちら

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る