メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 平田 晃正 教授

平田 晃正 教授

計算シミュレーションと
機械学習の融合による
社会問題の解決
平田 晃正
教授
情報科学フロンティア研究院
構成員
Prof. Akimasa Hirata
電気・機械工学専攻
電気電子分野
Electrical and Mechanical Engineering Electrical and Electronic Engineering

ヒトの身の周りをいかに安心・安全なものにするかという社会的な課題に、計算シミュレーションの研究分野から多角的に アプローチします。電磁界や熱などの物理的負荷によってヒトの体内で生じる物理量と、それによって誘発される生理応答を統合し、計算機上でモデル化することで、医療分野などの倫理的に検証の難しい問題を予測・解決します。例えば、ヒトの体温予測技術と気象情報を連動させた、熱中症リスクの管理システムの開発や、一人ひとりの患者の医用画像を使用したシミュレーションによるオーダーメイド治療の実現、医師不足や高齢化社会を担った自動化医療への技術支援、さらには身の周りの電波環境を考慮した無線充電システムの設計などに向けた研究活動を行っています。将来はシミュレーションにより得られた知見と機械学習を融合させることにより、少ない症例数に対する新たな治療アプローチの開拓が可能であると考えます。各分野の専門家との横断的な研究により、さまざまな社会問題解決への貢献を目指します。

 

研究室のウェブサイトはこちら

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る