メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 羽田 政明 教授

羽田 政明 教授

大気環境浄化・天然ガス利用に
革新をもたらす触媒研究開発
羽田 政明教授
材料科学フロンティア研究院
構成員
Prof. Masaaki Haneda
生命・応用化学専攻
環境セラミックス分野
Life Science and Applied Chemistry Advanced Ceramics

自動車を代表例とした排ガス浄化触媒研究をしています。ガソリンおよびディーゼルエンジン向けの排ガス浄化触媒を対象に、触媒作用の原理・原則から現象解明を図り、高活性/高機能な触媒の開発を目指しています。また天然ガスの主成分であるメタンから、有用な化学原料であるエタンやエチレンへの直接転換を可能とする触媒の研究も行っています。既存の間接転換技術ではエネルギー効率が低く、プロセスが複雑であるという難点があります。新規触媒開発を必要とするメタン酸化カップリングでは、エネルギー効率の向上と工程の簡素化を可能とすると同時に、エネルギーや化学原料の安定供給の解決につながると考えられています。実験室では赤外吸収分光法(IR)を活用した研究を行っており、触媒表面に吸着した様々な分子の情報から表面解析につながる知見を収集しています。これらの情報を利用し、また他分野の研究者と共同研究をすることにより新しい材料を用いた触媒開発を目指します。

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム

ページの先頭へ戻る