メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » 加藤 正史 准教授

加藤 正史 准教授

エネルギー問題解決に向けての
新半導体材料開発
加藤 正史准教授
材料科学フロンティア研究院
構成員
Assoc. Prof. Masashi Kato
電気・機械工学専攻
電気電子分野
Electrical and Mechanical Engineering Electrical and Electronic Engineering

半導体の応用分野は集積回路や発光ダイオードなどが一般的ですが、比較的新しい応用として自動車のモータを動かす省エネ素子や太陽光を水素エネルギーに変換する創エネ素子があります。これらの新しい応用では、従来の半導体材料を用いた場合、性能が十分ではないため新しい材料開発が求められています。例えば、シリコンカーバイト(SiC)やガリウムナイトライド(GaN)という新しい半導体材料は、これらの応用に適しています。しかしながら、新材料は品質が十分でなかったり、材料の中の原子の並びが最適化されていなかったりします。そこで我々は、新しい半導体材料に適した品質評価の手法を開発し品質向上・省エネ性能向上につなげたり、原子の並びを意図的に変化させて創エネ性能を上げたりしています。これらの取り組みにより、エネルギー問題の解決を目指しています。

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム

ページの先頭へ戻る