メニュー

構成員紹介

トップ » 構成員紹介 » カリタ ゴラップ 准教授

カリタ ゴラップ 准教授

低次元材料を用いた
環境に優しく高効率な
デバイス開発を目指す
カリタ ゴラップ准教授
材料科学フロンティア研究院
構成員
Assoc. Prof. Kalita Golap
物理工学専攻
応用物理分野
Physical Science and Engineering Applied Physics

二次元材料や有機・無機ナノ構造の研究開発を行っています。その中でも電気特性に優れ、高表面積を持つグラフェンは、様々なデバイスへの応用が期待されています。発光ダイオード、蓄電デバイス、センサー等の応用を目指し活動しています。材料からデバイス開発まで手掛けており、今までに太陽電池、紫外線センサー、紫外線発光ダイオードのプロトタイプの作成に成功しています。また、製品化に向けての企業との共同研究活動も盛んに行っています。さらなるデバイス構造開発で成果を上げることにより、環境に優しく、高効率なデバイスを実現することを目指しています。

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム

ページの先頭へ戻る