トップページ  »   材料科学フロンティア研究院 >  博士後期課程 学生紹介 >  博士後期課程 学生紹介 塩見 法行 [中村研究室]

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 特別演習スケジュール

博士後期課程 学生紹介 塩見 法行 [中村研究室]

2017.4.3 現在

塩見 法行 (2014年入学)

名古屋工業大学 大学院工学研究科 博士後期課程 未来材料創成工学専攻

 

 現在私は、有機化学の中でも鏡像異性体を作り分けるための不斉反応の開発、また、それを効率的に行う

ための不斉触媒の開発を行っています。私は将来、企業で研究職に就き、製品の根本である化学の力で世の中にないものを生み出したいと考え、現在の研究室を選びました。修士課程では友人の多くがそうだからと就職活動を行いましたが、将来、研究を仕事とする上で、自分には研究の発案力や困難に直面した時の解決力がまだまだ足りないと感じていました。そこで、博士後期課程では自分発信で研究を進めることが求められるため、ここで研究に挑戦することが将来の研究力や自信につながると思い進学を選びました。博士後期課程では研究をやるだけでなく、成果が求められます。もちろん、困ったときには指導教員や周囲の仲間がアドバイスをくれますが、最終的には自分で解決するしかありません。それをプレッシャーに感じることもありますが、自分のアイデアで実際に問題を解決できた時は、これまでの苦労を忘れるほど感動しました。私は、卒業後は化学メーカーに就職しますが、ここでの苦労や成功は必ず次の舞台で活きると確信しています。
 最後に、研究が好きだけど流れで就活を始める自分のような(笑)学生の方には、一度前向きに進学を考えてみて欲しいです。博士後期課程は、好きなように研究ができ、失敗も許されるので、将来研究をしていきたい人には自分の力を磨く最高の場所だと思います!(2017年3月卒業)

 

 

◆中村研究室 http://www.ach.nitech.ac.jp/~organic/nakamura/

 

 

 

ページの先頭へ戻る