メニュー

NEWS

トップ » FRIIS 徳田恵一院長が、令和2年春の紫綬褒章を受章しました

FRIIS 徳田恵一院長が、令和2年春の紫綬褒章を受章しました

徳田院長NEWS&Topics2

2020年6月24日

フロンティア情報科学研究院(FRIIS) の徳田恵一院長が、本年春の紫綬褒章を受章しました。

徳田院長は1995年頃に、統一的な統計モデルに基づいた音声合成を試みるという新しい概念を提案しました。その後、統計的音声合成を新しい研究分野として広く普及・定着させ、その研究分野発展に多大な貢献をしてきました。徳田院長の国内外での優れた業績に対し、文部科学大臣表彰 科学技術賞 (2012年)、IEEE Fellow (2014年)、電子情報通信学会 第52回業績賞 (2015年)、ISCA Medal for Scientific Achievement (2019年) などが授与されています。

 

徳田院長のコメントは、名工大プレスリリースよりご覧いただけます。

 

参考URL

プレスリリース(名古屋工業大学)

https://www.nitech.ac.jp/honor/2020/post-62.html

徳田研究室

http://www.sp.nitech.ac.jp/

 

 

 

 

 

 

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る