メニュー

NEWS

トップ » FRIIS 田中由浩准教授の研究成果が、PLoS ONEに掲載されました

FRIIS 田中由浩准教授の研究成果が、PLoS ONEに掲載されました

触角はいわゆる「五感」の一つですが、そのメカニズムは未だ解明に至っていません。人がどのように「触角」を処理しているのか、「粗さ」の感覚について、電気・機械工学専攻の田中由浩准教授は、独自に開発したウェアラブル皮膚振動センサを用いた国際共同研究により、「粗さ」評価の個人差を明らかにしました。

人は、皮膚振動情報、空間情報、そしてその他の摩擦やエッジなどの機械的特性により、粗さを判断し、人それぞれ重みは異なることが分かりました。

本研究成果に関する論文「Individual difference in cognitive processing for roughness rating of fine and coarse textures」が、PLoS ONEで公開されました(2019年1月30日)。

 

Image_The mystery of touch

【田中先生のコメント】

次のステップとしては、生体力学的な違いを含め、「触角」の処理において個人差が発生するメカニズムについて調査を進め、最終的に個人差を考慮した知覚的な「粗さ」評価モデルを確立したいと考えています。

 

論文は、PLos ONEよりご覧いただけます。

 

 

 

 

 

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る