メニュー

トップ » 炭素文明論:「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

炭素文明論:「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

炭素文明論:「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

佐藤健太郎        新潮社   2013年7月発行

 

周期表に惹かれて化学を専攻したレビュアーとしては、大変魅力的な読書となりました。 やっぱり元素ってすごい、その中でも炭素の特別な存在を実感しました。理系工学系でなくとも楽しめる、ポピュラー・サイエンスブックです。日常生活に身近なデンプン、砂糖、アルコール、カフェイン、ニコチンなど、炭素化合物を主役としたショートストーリー集と表現出来るでしょう。著者は医薬品メーカーの研究職を経て、サイエンスライターとなったとあります。語り上手で、最後まで読者を飽きません。研究の合間のコーヒーブレークにお勧めします。

★★★★☆(N.M. 20201月)

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム
  • 名古屋工業大学 フロンティア研究院 図書

ページの先頭へ戻る