新着情報

トップページ  »   2017年2月20日(月)14:40~16:10(7・8時限)FRIMS講演会「理論計算で解く生体光化学反応の最先端」Tatiana Domracheva博士 (マックス・プランク研究所, 本学客員准教授)

  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 特別演習スケジュール
  • 2nd FRIMS International Symposium

2017年2月20日(月)14:40~16:10(7・8時限)FRIMS講演会「理論計算で解く生体光化学反応の最先端」Tatiana Domracheva博士 (マックス・プランク研究所, 本学客員准教授)

海外ユニット招致客員准教授、Tatiana Domracheva博士(ドイツ、マックス・プランク研究所)による、理論計算を駆使した生体光化学反応の研究に関する講演を開催しますので、博士前期学生、博士後期学生は奮ってご参加ください。

 

日時: 2017年2月20日(月)14:40-16:10(第7・8時限)
場所: 52号館 5215講義室

 

なお,本講演は博士前期・博士後期「特別演習」認定講義となりますので,出席の上,必要な条件を満たした場合は,以下の科目の認定要件に加算されます。


・材料・エネルギー特別演習1・2
・情報・社会特別演習1・2
・材料・エネルギー先進特別演習1・2
・情報・社会先進特別演習1・2

 

主催: フロンティア研究院
担当教員: 神取秀樹教授

 

講演タイトル(日本語/英語):
「理論計算で解く生体光化学反応の最先端」
Frontiers of the computational studies in photochemical reactions in biomolecules

 

講演者: Dr. Tatiana Domratcheva

所属: Department of Biomolecular Mechanisms, Max Planck Institute for Medical Research, Heidelberg, Germany

要旨: Photochemical reactions of biomolecules determine how organisms benefit or suffer from light. In the past two decades, a combination of structural, spectroscopy and computational approaches played crucial role in elucidating the mechanisms of these photoreactions. In the lecture, I will focus on applications of highly accurate computational methods in studies of photoinduced intermolecular electron-transfer and proton-transfer reactions, which underlie diverse bacterial light responses, DNA damage and repair and possibly, magnetoreception. I will describe how calculations link structural models of proteins or protein-DNA complexes with spectral signatures of their photoreactions; elucidate color- and redox tuning mechanisms, evaluate fluorescence rates, and predict the chemical structure and stability of photointermediates.

 

 

ページの先頭へ戻る