メニュー

メッセージ

トップ » メッセージ

メッセージ

フロンティア研究院統括院長  柿本 健一

 

研究特区として設置されたフロンティア研究院は、「材料科学」と「情報科学」の2つの研究院からなっています。選抜された教員個人の力量だけでなく、チームによる融合研究、2院で連携した先導的研究を推し進めるなど、卓越した研究成果の創出を目指しています。

同時に、プロジェクトマネージャー能力や国際対応力を身につけたタフな博士人材を輩出する取り組みも重点化しており、海外連携大学の研究者による特別講究や共同研究指導プログラムを開発しています。

フロンティア研究院とは

フロンティア研究院には、グリーン・エネルギー・ヘルスケア研究に関する研究を推進する「材料科学フロンティア研究院」(FRIMS)とライフサポート・ソーシャルコンピューティングに関する研究を推進する「情報科学フロンティア研究院」(FRIIS)があります。

フロンティア研究院説明イラスト

フロンティア研究院の機能・役割

人材育成

大学院博士課程の教育研究プログラムの推進

  • 諸技術・社会動向に対する広い視野、高いオリジナリティ、国際レベルで戦える研究力の涵養
  • 教育研究ユニットとの共同研究、学位論文研究
  • 国内外研究機関への派遣制度:単独武者修行派遣、共同研究長期派遣を推奨
  • 教育研究ユニットの研究者(外国人客員教員、プロジェクト教員)による講義・セミナー等を開催
    特別演習スケジュール(PDF)

     

     

     

    教育研究ユニット招致

    教育研究ユニット招致*:海外大学から研究グループ単位で外国人教員・研究員を招致して共同研究を実施するもの。
    これを通じて人材のローテーションを行い、グローバル研究ネットワークを構築することを目的としています。

     

     

     

研究推進

イノベーション創出につなぐ新分野の開拓・分野融合

  • 海外からユニット招致、連携・共同研究を実施

大型・重要研究プロジェクトの獲得・推進

  • 基礎科学・応用科学・産業創成科学の深化、世界トップレベル研究の推進
  • 学際的研究の開拓・推進
  • 分野間の情報交換
  • 若手教員の研究力強化
  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 名古屋工業大学ヨーロッパ事務所
  • 日独共同大学院プログラム

ページの先頭へ戻る